世界、しゃちく発見

28歳、理系サラリーマン、心の阿鼻叫喚

ハゲーーー!!!

おつかれさまです。

 

ヨーロッパから帰国して3日目、1週間ぶりに会社へ行ってみると、まさかの「ヨーロッパおつかれ、ところで来週の月曜からからアメリカよろしく」

 

ファーーーーwww

 

いやもう今年で6回目ですやん、てか帰国すぐのこのタイミングで飛ばすか、てか直近すぎんか、、、

 

「滞在期間は1週間だけだから、ねっ」

 

ちーがーうーだーろーーー!!

このハゲーーー!!!!

 

 

「(次の日)ごめん、もう1週間追加でよろしく」

 

このハゲーーー!!!

 

 

フトシ

パリ9

おつかれさまです。

 

パリ最後の夜はフランス料理にリベンジ、しかし初日のようなハードモードではなく、日本人の老夫婦が経営している、日本語の通じる老舗店、前菜、メイン、デザートのコースで周りに気を使うでもなく楽しく食事できました、ピジョンは出てきませんでした。

f:id:sutokun:20171016081324j:image

f:id:sutokun:20171016081333j:image

f:id:sutokun:20171016081357j:image

 

同じ店内で別の日本人団体も食事をしており、どうも日産とかルノーの車関係者のよう、神鋼のネタとか割と大声でしゃべりまくっており、ゴシップ好きのわたしには2度美味しい。

 

旅の最終夜をそれなりに楽しく過ごし、次の日の朝にはホテルを出ます。

 

パリ市街に別れを告げ、帰路につくシャルルドゴール空港では大きなミッションが残っていました、この旅で買った高級品の税金を還付してもらうこと。

f:id:sutokun:20171016081425j:image

 

ヨーロッパで150ユーロ以上の買い物をすると、贅沢税?的なものが10%ほどのっかり、これはヨーロッパ以外の国の人には出国時に還付されるのだとか。

 

今回わたしの買い物でこの対象になるのは、イタリアで買ったディーゼルのジーパン、フランスで買ったヴィトンの財布、それぞれ還付申請書を店舗で発行してもらっていて、この申請書を空港で手続きします。

 

この手続きがくそややこい。

 

まず現物確認が必要かもしれないので、荷物を預ける前に手続きが必要です、しかし出国証明も必要なのでチェックインして、チケットを発券しておく必要があります、この確認で長列に2度並びました…

 

次にフランス国内で買い物した商品は自動バーコードで手続きが可能ですが、イタリアで購入した商品は申請印が必要なためカウンターまで持っていく必要があります。

 

還付金はカード振込かその場で現金払いか選べます、手数料や為替などでどちらが得かケースバイケースの様ですが。

 

カード振込の場合、申請書を封筒に入れてポストイン、封筒は商品を購入した店舗でもらえます、現金受け取りの場合、別のカウンターで手続き済みの書類を提示してその場でお金がもらえます。

 

このややこしい手続き、くっそ人並んでても案内人が出てこない、めっちゃ時間かかった、ほんまフランス人ェ…

 

かなり余裕みて空港に着いていたのでカバーできたもののギリギリだと確実に詰んでた。

 

とりあえず最後のミッションもクリアして、飛行機を待ちます、なんか回転寿司バーがあったので休憩、3皿で15ユーロて、くらだと300円、ちょ、おまww

f:id:sutokun:20171016081550j:image

 

いろいろ長い旅でしたが、いいかげん日本が恋しい、ダシの効いた料理が食べたいンゴねぇ。

 

この旅、財布をすられることもなく無事出国、さらば、ヨーロッパ

 

フトシ

パリ8

おつかれさまです。

 

コンコルド広場からシャンゼリゼ通りに入ると、しばらく公園のような林エリアが続きます。

 

なぜか栗がめっちゃ落ちてる。

f:id:sutokun:20171016080845j:image

 

林を抜けると商業街に入り、まず飛び込んでくるのはサッカー、パリ・サンジェルマンの公式ショップ、今年からネイマールが加入してかなり盛り上がっている模様、店内も人がすごく、入店規制されるほど。

f:id:sutokun:20171016080859j:image

 

やはり、ネイマールのユニフォームは売り切れ、値段も165ユーロ、日本で買った方が安いんじゃねえのか、とりあえず写真だけ撮って、通りを進みます。

 

途中で強烈な尿意に襲われ、とりあえずトイレと書いているところへ吸い込まれます。ここはパリ、もちろんトイレもお金がかかります、1ユーロ払って用をたすわけですが、あまり綺麗じゃない、トイレフリーの日本さんやっぱすげぇよ。

 

トイレからまたしばらく歩くと、ヴィトンのパリ本店が見えてきました、

f:id:sutokun:20171016080941j:image

 

あまり普段は物欲に駆られることもないのですが、パリマジックにかかったのか、とりあえず入店、ちなみに入店するにも列を並んで荷物、ボディチェックをしなければ入れません、さすがパリ、最近テロも多いですしね…

 

店内は高級感ムンムンであまり長くいると瘴気にやられておかしくなりそうです。

f:id:sutokun:20171016081009j:image

 

ちょうどええ感じの財布を探してたのでコンパクトなデザインのものをひとつ、即決で決裁、500ユーロでしたがいい買い物でした。

 

ヴィトンを出るといよいよ凱旋門が近くなってきます、脇にそれた道で高級オープンカーの試乗体験やってました、1試乗90ユーロだって、需要あるのかと思いきやしけっこうはやってる、ファーww

 f:id:sutokun:20171016081032j:image

 

凱旋門に着くと、そこは広い道路、常にバスなり車が通りまくっているのでシャッターチャンスが難しい。

f:id:sutokun:20171016081103j:image

 

長々と歩いてきたものの、いざ着いてみると写真数枚撮ってほなさいなら、この旅最後の歴史建造物ですが、疲れもたいがいで割と淡白、ヴィトンの財布も持ってるし、危ないし。

 

ここでとりあえずホテルに戻ります。

 

フトシ

パリ7

おつかれさまです。

 

美術館を去る前に例のピラミッドは拝んでおきたいものです、地上に出るとけっこう人が並んでる、地下鉄からだと人が少なかったのでラッキーだったのか。

 

f:id:sutokun:20171015095023j:image

観光スポットとしても有名なピラミッド前はやはり良い景観でいい写真が撮れます。

 

ルーブルのすぐ近くに、日本食ストリートがあります、寿司だったり、居酒屋だったり、看板も日本語、とりあえずラーメン食べたすぎてそれっぽい店に入ります。

f:id:sutokun:20171015095107j:image

f:id:sutokun:20171015095121j:image

 

店内は王将って感じで、とんでもなく落ち着きます、ラーメン餃子を注文、味もほぼ日本と同じ、餃子の皮がちょっと厚いぐらい、あと量が多い、値段も11ユーロでけっこう高いけど。

f:id:sutokun:20171015095223j:image

 f:id:sutokun:20171015095230j:image

 美味すぎワロスwww

 

客層はアジア人もいますがフランス人も多い、しかしナイフ&フォークはないのでみんな箸を器用に使います、箸は意外とメジャーなんですかね。

 

次もパリのド定番、凱旋門へ向かいます、凱旋門へ通じるシャンゼリゼ通りに向かう途中、オペラ座劇場の横を擦ります、特に何もしません、擦っただけです。

f:id:sutokun:20171015095340j:image

 

シャンゼリゼ通りに入るコンコルド広場、もともと処刑場だったらしく、マリーアントワネットもここで処刑されたのだとか、全然詳しくありません。

 f:id:sutokun:20171015095358j:image

 

凱旋門へ向かってシャンゼリゼ通りを歩いていきます。

 

フトシ

パリ6

おつかれさまです。

 

パリ観光2日目、本日も地下鉄を乗り継いで、パリ定番のルーブル美術館へ、あの下着広告の別バージョン見つけました。

f:id:sutokun:20171015092215j:image

エッッッッwww

 

フランスにもの朝のラッシュはあるようで、地下鉄はすごい人、しかし車両が割とパンパンだと皆乗るのを諦めて次を待ちます、なので日本のように息すら困難なすし詰め状態にはなりません、こういう諦めの心マジ大事、ほんと日本人諦めねぇからな、まあ次の電車がすぐ来るってのもありますが。

f:id:sutokun:20171015092302j:image

 

目的の駅は改札からそのまま美術館の建物内へ続いています、気づいたら荷物チェックされてました。

 

f:id:sutokun:20171015092321j:image

美術館のエントランス、ここがあのガラスのピラミッドの下側かぁー!とすごい勢いではしゃいで写真撮りまくりましたが、違ってました、ただの綺麗な場所でした、

 

恥ィ!!!

 

 f:id:sutokun:20171015092337j:image

正しいエントランス、確かにあのピラミッドの下側なんですが、先ほど恥を晒したのでわたしは静かでした。

 

美術館の中は迷路のようで、フロアの中で小さい階段を登ったり降りたり、まっすぐ進んでたはずがもとの場所に戻ってきたり、ダンジョンです。

 

そして展示品に関する中世?ヨーロッパの予備知識がほとんど皆無なわたしは、とりあえず、ガイドブックに載ってる有名どころを押さえて満足する戦法にでます、理系だったので世界史は履修してませんでした、と言い訳しておきます。

 

f:id:sutokun:20171015092447j:image

ビーナスぅ!!

 

 f:id:sutokun:20171015092506j:image

ミケぇ!!

 

 f:id:sutokun:20171015092540j:image

モナァ!!

 

個人的にツボった作品もあります。

 

f:id:sutokun:20171015092628j:image

イタリアにもいました、鳥と戯れる少年、こいついっつも鳥の首へし折ってんな。

 

 f:id:sutokun:20171015092635j:image

ちんちんの曲がり方を気にする4人衆。

 

f:id:sutokun:20171015092708j:image

悩める少年。

 

どれも世界的な名作なんですが、すいません、出来心です。

 

とりあえず、有名どころはばっちり制覇できたので友達に自慢できます、ドヤ気味に美術館を去ります、そろそろヨーロッパに来て1週間、日本の飯が食べたくなります。

 

フトシ

パリ5

おつかれさまです。

 

フランスにはけっこうスーパーマーケットが多く、日本にあるカルフールもフランス発スーパーのひとつです、(てか最近日本のはイオンに買収されたんだっけ?)

 

オレンジジュース搾り器があります、他は特に珍しくはありません。

f:id:sutokun:20171015091216j:image

 

カップ麺買ってみました、日本の味とほぼ同じです、悪いのはネーミングセンスだけです。

f:id:sutokun:20171015091244j:image

 

なんとかフランス1日目を終え、爆睡、明日はド定番のルーブルへ、正直、イタリア→フランスでだいぶバテてきた模様。

 

フトシ

パリ4

おつかれさまです。

 

再び地下鉄を乗り継いでパリ市内をめぐります。次に向かうのはノートルダム大聖堂、なんかディズニー映画でも舞台になってました。

 f:id:sutokun:20171015085115j:image

 f:id:sutokun:20171015085124j:image

 

着いてみると確かにでかい、そしてめっちゃ人並んでる、ただイタリアを経験しているので大聖堂を慣れしてしまったのか、そこまで驚かず、壁とかよく見るとミラノの大聖堂よりもシンプルだし。

 

建設年月はミラノが500年、ノートルダムは200年、重みが違いました。

 

とはいえでかい建造物なので、人は並んでいてもハケがいい、10分程度でゲートイン、リア銃ウェイたちの荷物チェックも慣れました。

 f:id:sutokun:20171015085224j:image

f:id:sutokun:20171015085241j:image

中もでかい、天井が高い、ステンドグラスが有名なのだとか、でも、なんか慣れてしまいました、感動が薄い。

 

ノートルダムを出て、食事へ、昨日のフレンチトラウマもあり、leonという日本のガスト的な軽い感じのお店に決めます、

 f:id:sutokun:20171015085400j:image

確かにガスト臭はんぱない。

 

そこでタルタル?という名前の生肉料理をオーダ、なんかハンバーグを焼く前に味付けして、そのまま食う、みたいな感じ。

f:id:sutokun:20171015080707j:image

 

去年に中国で豚の脳みそを食べたのですが、その時ばりの絵面の悪さ、味はまあ食べれなくもないか、マグロのような、ただ、量が多くて飽きます。

 

帰りにナポレオンのお墓、ってガイドブックに書いてある建物の横を通りました、通っただけです特になにもしていません。

f:id:sutokun:20171015080728j:image

 

スーパー寄ってホテルに帰ります。

 

フトシ