世界、しゃちく発見

28歳、理系サラリーマン、心の阿鼻叫喚

甲子園3

おつかれさまです。

 

第1試合が終わり、12時が近づくにつれて、アルプスには人が溢れ出してきます。桐蔭は大阪の地元、応援の人数も半端ない模様。

 

第1試合から大きな人の入れ替えもあり、その流れにのってもう少し見やすい席に移ります。席も我が先にの争奪戦。アルプス席は人でごった返し。ちなみに桐蔭の初戦には岡副アナが来てたらしく、今日もいるかと期待したものの、人多すぎて探せる状況でも無かった。。。

f:id:sutokun:20170819005925j:image

※画像リンクではない

 

一方、一塁アルプスも智弁の応援員が集まりだし、伝統の「C」マークが形成されます(鯉ではない)。

f:id:sutokun:20170819005205j:image

 

選手たちがノックをし出す頃には球場は超満員、そして雲が晴れて太陽が全力照射、「これぞ甲子園」が出来上がりました(暑すぎ、マジで死にかけた)。

f:id:sutokun:20170819005258j:image


いよいよ試合が始まり、各アルプス席では応援合戦も繰り広げられます。高校の歴史が応援に反映される法則からいくと、桐蔭よりも智弁の応援の方が凄まじい、となるのですが、やはりその通り。

 

広陵の応援も凄かったけども、智弁はさらにその倍々マン。

 

声の地響きはもちろん、「C」マークを囲んだチアガールのポンポンが絶妙にシンクロし、3塁アルプスから遠目で見ても、レベルの高さが分かります。

 

一方、桐蔭の応援はシンクロこそないもののブラスバンドが全国トップレベル、演奏のバリエーションとクオリティはかなり高い(気がする)、近くで聞けたのはラッキー。

 

試合は実力拮抗で1点を取る、守るの神展開、攻守のせめぎ合いだけでなく監督どうしの戦略の掛け引きもまたレベルが高い(全然野球知らんけど)。智弁はゴロを打っても球威は殺人的、しかもそれをミスなくさばく桐蔭さんマジでぱネェっす。

 

桐蔭は全寮制で364日/年ぐらい練習しているらしい、楽しみは月に1回のコンビニ巡りだとか、そら底力はバケモン級ですね。

 

結果は2-1で桐蔭が競り勝ち、わたしの甲子園観戦を締めくくってくれました、大阪大会から追いかけたかいがありました。

 

チ|123456789|計
智|000100000|1
桐|10000010-|2

 

この後、甲子園は第3試合と続きますが4時起きの体力は限界を迎えたので帰ります。いい試合と合わせて、極度の日焼けを災い受けてしまいました。

f:id:sutokun:20170819005415j:image

 

確かに甲子園には代え難い感動と興奮がありますが、この年の体力を考えると、行けても年1回が限界かと。

 

桐蔭の残りの試合はテレビで応援します。

 

フトシ

甲子園2

おつかれさまです。

 

開場時間を迎え、無事にチケットも買え、場内へ挑みます。(今回は桐蔭推しなので3塁アルプス)


わたしの人生で高校野球を観に来たのはおそらく15年ぶり、甲子園に来たのも10年ぶりぐらい?なので、自分が大きくなったのか記憶に残っていた広さよりも狭く感じました。

f:id:sutokun:20170818214424j:image

 

2010年に改装工事されて、内野席には屋根ができていました。電光掲示板で「みんなのメッセージ」みたいなの流れてるし。

 

ちなみに甲子園球場1924年に「高校野球(当時は中学校)」のために作られた球場で、球場の完成年が甲子年(きのえねのとし)にあたるため甲子園と名付けられたそうな。ちなウィキ

 

この時点で7時半、すでにお疲れです。とりあえず焼きそば食べます。凍らしたおにぎり持って行ったのですが溶けてなくて食べれず。

f:id:sutokun:20170818214526j:image

 

目当ての試合は第2試合の12時から、球場は一度入ったら再入場できません、とりあえず第1試合も9時から、ここからさらに待機時間が続きます、ツムツムします。

 

第1試合は「広陵、対、秀岳館」、3塁アルプスは秀岳館、ここの監督とは、うっすーーい縁があるので微妙に応援します。6-1で負けましたが…

 

チ|123456789|計

広|000100203|6

秀|000010000|1

 

アルプス席は初めてだったので、ブラスバンド、応援団、OB、父母会の野次などなどけっこう臨場感を体験できてなかなか楽しかったです、ほんでチアガールかわゆす。

f:id:sutokun:20170818215440j:image

f:id:sutokun:20170818215449j:image

 

秀岳館(熊本)は近年力をつけてきた強豪ですが、広陵(広島)は歴史の深い強豪、この歴史の違いは応援の迫力に反映されます(たぶん)。広陵の応援は1塁アルプスなので真反対なのですが、すぐ横で聞いていた秀岳館の応援よりも俄然根太く、勢いがハンパない。

 

この応援の勢いがあってか、広陵がしっかり沈め、着実に勝ちを掴んでいました。(広陵捕手、中村君の3ランやばかった)

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000006-sph-base

 

盛り上がってきたものの、眠い、第2試合まで頑張ります。次の大試合に向けて着々と球場の席が埋まってきました。

f:id:sutokun:20170818220154j:image

 

(続く)

 

フトシ

甲子園1

おつかれさまです。

 

昨日、念願叶って甲子園へ高校野球の観戦へ行くことができました。狙いのカードは「桐蔭、対、智弁和歌山」、関西の強豪どうしで、桐蔭は大阪大会から追いかけているチーム、是が非でも行かねばとアメリカにいた時から腹を括っていました。

 

今年は特に来場者も多く、前日から徹夜組もかなりいるらしい、生半可な時間に行けば締め出される、ということで、さすがに徹夜はできないものの、始発で攻めます。

 

当日の朝は4時起きで始発を捕まえることができましたが、阪神線に乗り換えた時点でかなりの人アンド人アンド人、自分含め、意識高すぎワロスw

 

球場に着くと、そらまあ人無限大、駅前まで列が伸びていて一瞬絶望します。

f:id:sutokun:20170818201950j:image

 

ただ、よく周りを見るとこの列は内野指定席らしく、今回は応援団も堪能したいとアルプス席を狙っていたのでなんとか回避。球場の近くまで行くとアルプスの列を発見します、内野席ほど酷くないものの、ここもかなりの人だかり、でもまあ中には入れそうでした。

f:id:sutokun:20170818201256j:image

 

開場まで約2hほど、蚊と戦いながら待機します。

f:id:sutokun:20170818201353j:image

f:id:sutokun:20170818201413j:image

 

(続く)

 

フトシ

出監4(ンフッ)

おつかれさまです。

 

ようやく伊丹まで戻ってきました。

 

シカゴ→成田の10hフライトでは6〜8hほど寝れたのでけっこう元気、機内でビール缶2杯空けるとスムーズに逝けることが分かりました。

 

今回でかれこれ5回目の渡米でしたが、ようやく「アーハン」の使いどころが分かってきました。現地の人は自己完結型でしゃべりまくるので要所要所にアーハン挟んでおくといい感じに会話の間が繋がり、コミュニケーションがとれ(た気になり)ます。

 

シカゴの待ち時間に話しかけてきたおじいちゃんとはアーハンだけで15分ぐらい意気投合してました(結局何を話してたのかはよく分かりません、カリフォルニアぱネェみたいなことは言っていたような…?)

 

会話の内容が分かるとかもう人智の向こう側です。

 

ちなみに、アーハンを現地の人っぽく発音するにはホモっぽく「ンフッ」、いいゾ〜これ。

 

さて、明日から夏休みです。

甲子園行きます。

 

フトシ

出監3(成田)

おつかれさまです。

 

やっと日本に帰ってきました。

おもてなしを身体全体で受けて、ウォシュレットを尻穴全体で受けると、ここは日本だなという感じがします。

 

ただ、やっぱり気候はジメジメしていて蒸し暑い。オハイオは本当に空気がカラッとしていて、日差しは暑いものの陰に入ると涼しいです、朝は寒いぐらい。

 

なので、オハイオ出張のときはけっこう体調は良くなるんですがね、なにせメンタルが…。

 

成田で出口のゲートを通ると「youは何しに〜」のロケやってました。インタビュー受けてる外人さんの後ろを絶妙に横切ったので、これで私も全国デビュー達成です。わーい

 

 

ギリギリの航空券予約だったので、乗り継ぎのいい便が取れず伊丹行きまで4hあります。

 

ツムツム…するか、ハートください。

 

フトシ

出監2(シカゴ)

おつかれさまです。

 

シカゴ着きました。

 

ユナイテッド航空のフライトは苦手なんですよね、機体めっちゃ揺れるし、降下が荒くて絶叫マシンの胃が浮く感じが長い、ほんまつらい。そのうちオーバーブッキングされそう、まあ痛いの嫌なので絶対抵抗しないですが。

 

シカゴはけっこう広くて、いくつかのビルにコンコースが別れていて、移動は変な電車を利用します。


ほんでけっこう人が多い、スタバ、マクドなんかは朝から大行列で並ぶ気も起きません。

f:id:sutokun:20170814002253j:image

 

前々回来たときに苦労したんですが、シカゴはANAの搭乗口が分かりにくい。ユナイテッド航空の搭乗エリアを1区画だけ間借りしてるようで、ユナイテッドのロゴの上からANAの看板が掛けられているような感じになっています。
フライト時間がけっこう空いているとユナイテッドの搭乗口として使われているので、ほんま迷子。

 f:id:sutokun:20170814002302j:image

 

次のフライトまで約3時間ほど、部長はもういないのでツムツムして過ごします。

 

フトシ

出監1(コロンバス発)

おつかれさまです。

 

まんまとフラグは回収してしまいましが、本日でボンビラス星とはおさらば、日本に帰ります。

 

復路は「コロンバス→シカゴ→成田→伊丹」の経路になります。ユナイテッド航空ANAです。

 

空港まではウーバーを利用したんですが、5時発でもけっこうドライバーはウロウロしているもんで割とすぐ捕まりました。

 

前回の反省もあり、コロンバスのチェックインは2h前を目安に向かうとユナイテッドのカウンターはガラガラ、一方でデルタは前ほどでもないもののすでに列は伸び始めていました、なんなんでしょうね。

 

ほぼノータイムでチェックインをスルーしてしまったので適当に朝飯(10ドル)、みんな大好きBOB EVANS、絶対モスバの方が安いしうまい。

f:id:sutokun:20170813224343j:image

 

シカゴへ向かいます。

 

フトシ