世界、しゃちく発見

28歳、理系サラリーマン、心の阿鼻叫喚

時差ボケ

おつかれさまです。

 

アメリカに来てもう2週間近く、休日も2日はさんでようやく時差ボケが抜けました。

 

具体的な時差ボケの症状は、夜中2〜3時に起きる、お昼が異常に眠い、これにつきます。ようやく夜10時に寝て朝5時半までぐっすり眠れるようになりました。

 

夜早く寝ればさっさと調整できるのでは、とは思うんですが、体にはやっぱり24時間周期の時計が内蔵されているようで、その時計のおかげで朝7時になったら目が覚めて、夜10時になれば眠たくなるようです、時差ボケを経験すると実感します。

 

その時計はある程度時間をかけて現地の24時間に合っていきます、わたしの場合はその調整がだいたい1週間ちょっとかかるようです。

 

今回は現地夜12時半に到着、次の日6時から出動と時差抜きでもなかなかハードなスケジュールだったので眠さも相乗、けっこうしんどかったです。

 

せっかく体内時計の調整はできたんですが、明後日には帰国予定です。

 

こっちで時計を合わせてしまうと帰国後も同じように時差ボケに苦労するんですよね、朝4時に起きて寝れずそのまま出社、とか。

 

しかし、さっさとしゃちく生活からおさらばしてシャバの空気吸いたい。

 

あと2日〜

 

フトシ