世界、しゃちく発見

28歳、理系サラリーマン、心の阿鼻叫喚

海外ラウンジ

おつかれさまです。

 

無事ワシントンに到着、何回乗っても10時間超えるフライトは体にこたえます。

 

ANAのありがたいところは機内食が日本食だということ、特に帰りはアメリカに侵された食感覚がダシの旨味で覚醒します。

 

あと、映画は基本的に日本語か日本語字幕はあるので全部見れます(たぶん)、デルタは英語しかない映画もあってツラかった。

 

ちなみに今回見たのは「ゴーストインザシェル」(攻殻機動隊の実写版)、「ガーディアンなんとか」(下品なアライグマが銃撃ちまくるやつ)。

 f:id:sutokun:20170809034012j:image

f:id:sutokun:20170809034014j:image

 

さて、ワシントンでも部長のステータスにあやかります。ワシントンからコロンバスまではユナイテッド航空を使うので、この航空会社のラウンジで一服します。

f:id:sutokun:20170809033529j:image

f:id:sutokun:20170809033540j:image

 

このラウンジも同様にドリンクとフードがフリーサービス、3回目にしてややサービス慣れしてきます。

f:id:sutokun:20170809033614j:image

 f:id:sutokun:20170809033622j:image

 

食事はやっぱり日本の方がウマーという印象、野菜シナシナやったし。でもチーズはけっこう美味しかった。

 

今からラストフライト、キングボンビーの地へ向かいます。

 

フトシ