世界、しゃちく発見

28歳、理系サラリーマン、心の阿鼻叫喚

甲子園2

おつかれさまです。

 

開場時間を迎え、無事にチケットも買え、場内へ挑みます。(今回は桐蔭推しなので3塁アルプス)


わたしの人生で高校野球を観に来たのはおそらく15年ぶり、甲子園に来たのも10年ぶりぐらい?なので、自分が大きくなったのか記憶に残っていた広さよりも狭く感じました。

f:id:sutokun:20170818214424j:image

 

2010年に改装工事されて、内野席には屋根ができていました。電光掲示板で「みんなのメッセージ」みたいなの流れてるし。

 

ちなみに甲子園球場1924年に「高校野球(当時は中学校)」のために作られた球場で、球場の完成年が甲子年(きのえねのとし)にあたるため甲子園と名付けられたそうな。ちなウィキ

 

この時点で7時半、すでにお疲れです。とりあえず焼きそば食べます。凍らしたおにぎり持って行ったのですが溶けてなくて食べれず。

f:id:sutokun:20170818214526j:image

 

目当ての試合は第2試合の12時から、球場は一度入ったら再入場できません、とりあえず第1試合も9時から、ここからさらに待機時間が続きます、ツムツムします。

 

第1試合は「広陵、対、秀岳館」、3塁アルプスは秀岳館、ここの監督とは、うっすーーい縁があるので微妙に応援します。6-1で負けましたが…

 

チ|123456789|計

広|000100203|6

秀|000010000|1

 

アルプス席は初めてだったので、ブラスバンド、応援団、OB、父母会の野次などなどけっこう臨場感を体験できてなかなか楽しかったです、ほんでチアガールかわゆす。

f:id:sutokun:20170818215440j:image

f:id:sutokun:20170818215449j:image

 

秀岳館(熊本)は近年力をつけてきた強豪ですが、広陵(広島)は歴史の深い強豪、この歴史の違いは応援の迫力に反映されます(たぶん)。広陵の応援は1塁アルプスなので真反対なのですが、すぐ横で聞いていた秀岳館の応援よりも俄然根太く、勢いがハンパない。

 

この応援の勢いがあってか、広陵がしっかり沈め、着実に勝ちを掴んでいました。(広陵捕手、中村君の3ランやばかった)

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000006-sph-base

 

盛り上がってきたものの、眠い、第2試合まで頑張ります。次の大試合に向けて着々と球場の席が埋まってきました。

f:id:sutokun:20170818220154j:image

 

(続く)

 

フトシ