世界、しゃちく発見

28歳、理系サラリーマン、心の阿鼻叫喚

アメリカンドラマ

おつかれさまです。

 

最近、家のテレビをNETFLIXに繋いで映画なり、昔のドラマだったり大量に見れる環境が整いました。

 

数ある番組の中で、今はFRIENDSという90年代のアメリカンドラマにはハマってます。

f:id:sutokun:20171001105316j:image

 

放送当時からかなり有名なドラマで、このドラマのことを知らない人間はもはや童貞扱いされます(知らんけど)。わたしもNETFLIXで見つけるまではこのドラマのことを知らず、危うく童貞のレッテルを貼られるところでした。

f:id:sutokun:20171001105326j:image

 

ストーリーは仲のいい男女3on3が、ちょっとディープな××ネタで盛り上がる日常系コメディドラマです、そこまで過激ではないけども。

過激な映画がお好きな方はthe wolf of wall street見てください。

 f:id:sutokun:20171001105333j:image

 

アメリカ出張中はよくディズニーチャンネルでコメディドラマを見ていたので、なんか懐かしさもあり(出張は二度と御免ですが)、会話の内容もディープになり、割と楽しんでいます。ちなもち、このFRIENDSも後ろから知らない人たちの笑い声が聞こえてくるタイプのやつです。

 

ただ、日本と違った笑いどころも多々あり、字幕で日本語を確認してもなぜ後ろの人たちがこんなに笑っているのか理解できない部分もあります。てか字幕で日本語が読める幸せ

 

ドラマの中では日常でよく使えるいい感じの英語が話されていて、ジャパニーズ意識高いマンが挙ってこのドラマを教材として利用してるようです。(キキナガスダケデホンバノエイゴガミニツク-
ちなみにthe wolf of wall streetでは日常で全く使えない汚い言葉がたくさん学べます。

 

このドラマが放送開始された当時、メインキャスト6人の1話あたりの各出演料は約30万円だったらしいですが、シーズンを追うごとに人気がうなぎ昇りし、最後は1話あたり1.2億円までインフレしたのだとか。

 

アメリカンドリームゥ

 

フトシ