世界、しゃちく発見

28歳、理系サラリーマン、心の阿鼻叫喚

ボストン生活設営(入居)

おつかれさまです。

 

紆余曲折を経て、ついにボストンの家が決まりした。

 

場所はやや郊外、市街までもバスト電車を乗り継げば30分ぐらいで行けるかな〜というまあまあの立地、

 

アメリカも居住代ももちろん街の中ほど高くなります、せっかくのアメリカなのでそこそこ広さもほしいのと、会社までのアクセス(会社はめっちゃ郊外)も30分程度という、まあまあのバランスで選ぶことができました。

 

アメリカで賃貸を探すには、日本のように不動産代理店を通じて物件を紹介してもらう、または自分が住みたいアパートに直接行って契約する、という方法があります。

 

そりゃ私も英語が堪能であれば直接行って交渉したいところですが、残念なほど私の口から出てくる英語のレベルは「pen pineapple apple pen」なもんです。

 

そこで、日本語の話せるスタッフのいる代理店を使って物件を探します。メールベース(日本語)でこちらの条件を伝え、もうちょっと街中の物件、会社に近い郊外の物件、などなど紹介してもらいます。まあここは日本と同じようなノリで、めぼしいところが見つかれば実際に見学へ向かいます。

 

ただ、やはりアメリカ、土日のサービス業はお休みなので、平日しか見学できません…、会社を早く抜けて物件に向かいます、着任早々ほな!って言って抜けるのはなんか気が引けますが、まぁアメリカ人相手にそんなこと気にしてるのは私だけのようです。

 

見学の日はけっこう街よりの物件と、入居が決まった物件を見に行きました、

 

街よりの物件はなかなかポップで、エントランスから超絶モダン、ビビットカラーが決まりまくっているラウンジがあり、ちょっと生活するにはにぎやかすぎる上に、街中なので狭いし高い。

f:id:sutokun:20181029035408j:plain

エレベータですれ違った住居人さんが、緑色の髪で鼻にめっちゃでかいリングピアスしてて、あっ…となりこの物件はスルー、まあクリエイター、デザイナーの若い人向けって感じでした。

 

 

一方で、住むのを選んだ物件の周りは、やや郊外ということもあって閑静な住宅街、学校も近く、落ち着いた雰囲気、とは言え市街まで30分程度なので「梅田に住むか豊中に住むか」ぐらいの違いでしょうか、

 

マンションの共有設備としてはフィットネスジム、コーヒー飲みながらビリヤードができるラウンジ、プール、あとなんかBBQコーナーとかあるし、

f:id:sutokun:20181029040500j:plain

f:id:sutokun:20181029040816j:plain

f:id:sutokun:20181029040926j:plain

f:id:sutokun:20181029041006j:plain

こういった共用設備はこの辺のアパートだとごくあたりまえに付いています、もはやプールとかついてないと「えっプールないの?なんで?大丈夫?」みたいな雰囲気になる勢い、

 

あと部屋が広い、爆裂に広い、もちろん予算は会社が上限を決めているのでその範囲の中でしか選べないワケですが、それでも広い、

f:id:sutokun:20181029041926j:plain

資料を見ると1300sfと書いています、アメリカ単位の壁に阻まれる、sfはsquare feetの略で、日本式に平米に変換すると1sf=0.093平米、1300だとだいたい120平米、でっけ、

 

家電もだいたい付いています、冷蔵庫、コンロ、電子レンジ、オーブン、食洗機、洗濯機、乾燥機…、家電もこの辺だとあたりまえに付いているらしいです。なので、新しく買わなきゃいけないのはテレビとケトルぐらい?

 

あと、この家の近所には日本食品店があり、日本が恋しくなって死にそうなときは駆け込めるという、

f:id:sutokun:20181029042443j:plain

 

 

ここに決めた!となると、次は契約です、だいたいアパートごとに専用のサイトがあるので、そのサイト上で手続を進めていきます。サイトに案内が出るのでそれに沿って勧めていきます、全部英語なので辛いっす、

 

名前とかパスポートとか、ひと通りレジデンス入力を終えると、最後には大量の契約書にサインをしなければいけません、アメリカはドキュメント社会なので事あるごとにサインを求められます。昔は1枚ずつ手書きでサインしてたらしいですが、最近はIT化の煽りを受けてすべて電子承認で完結できるようになったようです。今回もサイト上で「この契約書に同意します」みたいなボタンをポチると筆記体で契約書の下に自分のサインが書かれます、そんな感じで契約書を読み進めていきます(こぉれはめっちゃタフな作業でした)。

 

アパートの契約でもうひとつ気にしておかなければいけないのは「途中解約」、きちんと前準備しておかないと、アパート側から「お前が1年住むって言うからこの値段にしてやったのに帰国するから解約したいとはどういうこったぁ!1年分の家賃置いていけぇ!」となり揉めます、この途中解約も基本的には契約書にBuy-outという項目で書かれています。

 

まあなんかよくわからないですが、今回の契約書には途中解約するには1ヶ月分の家賃が必要だぞ、ということが書いていました。日本で携帯電話を解約しようとすると解約料をボられる、というのに似ていますかね、これはアメリカではよくある契約体系らしく、むしろ1ヶ月分は良心的な方なのだとか、会社からも最大2ヶ月分のFEEは精算します、ということを言われています。

 

 

契約書を読んでいて、特に日本と違う項目があったのは「ベッドバグ(アメリカ版ダニ)」の項目、日本ではほとんど聞かない名前ですがアメリカの都市部NYとかではけっこうな被害が起きているのだとか、噛まれると死ぬほどかゆいらしい、

契約書には「私はベッドバグを持ち込みません、持ち込んだ場合罰金を受けます」みたいな細かい条項が2〜3ページぐらい書かれていました、そんなぁ〜たかが虫ぃ〜って思っていましたが契約書のボリュームを見ると笑えないのかなぁと。

 

あと「人を殺しません、銃を撃ちません、麻薬をしません」などなど、んん〜アメリカ!

f:id:sutokun:20181029052401j:plain

 

契約書のサインが済むと、実際に入居準備が進みます、電気、ガス、水道はいったん不動産屋に契約してもらってアカウントナンバーだけ聞いておきます、後日請求書が届くのでその内容に沿ってチェックを切るのだとか、あぁ小切手の話はまた追々、

 

アパートのオフィスから「引越し日いつ?」「駐車場どうする?」とかめっちゃ電話かかってきますが全部英語なのでマジ謎、「Yes, Yes」で乗り切ります、乗り切れるもんですね笑

 

 

後はインターネット、これは最重要項目です、真面目な意味でも、ふしだらな意味でも最重要です、アパートごとに契約できるプロバイダが決まっているようで私のところはXfinityという会社の回線でした、アメリカでは大手らしい、

f:id:sutokun:20181029051249p:plain

 

ちなみに会社の若い人に「Xfinityってどう?」って聞くと「クソ!クソ!アンドクソ!あのクソ回線、金と時間を返しやがれ!」というとても丁寧な意見が返ってきました、んん〜(ニッコリ

 

いやうちXfinityしかだめってなんかアパートのやつに書いてるし!!!!

 

まあとりあえず不動産屋さんに取り次いでもらい、Xfinityと連絡をとってみます、電話やだな〜と思っていると全部メールとネットの入力で完結しました。よかったよかったと思っていると最後のメールで「How to Installゴニョゴニョ??」、最初の設定にスタッフを呼びますか?自分でやりますか?

 

んんん!?人を呼ぶということは英語しゃべらなきゃいけないし、お金もかかる(90ドルらしい)、もちろん平日、何時に来るかわからないし、また会社抜けるの気が引けるな〜とりあえず恐る恐る「自分でやる」を選択、

 

すると入居日にプロバイダキッドが届いていました、果たして自分で組み立てできるのかと不安で死にそうになっていましたが、やってみると10分ぐらいで設定完了し、ネットが使えるようになりました、ワロタwwww

 

スタッフ呼ばなくてよかった〜

 

今回設定がラクだったのは「インターネットのみ」の契約にしていたからっぽい、ケーブルテレビもセットの契約があったのですが、何が好きでオフタイムを英語で英語の番組を見なきゃならんのだ、いらん!意識高い民だとついついやってしまいがちでしたがここぞとばかりに意識低い民の大勝利

f:id:sutokun:20181029051411j:plain

 

ちなみに会社の人曰く、無料のアメリカの地上波番組?はショボく、アメリカでテレビを見る、ということはケーブルテレビを契約する、ということらしい

 

あとアメリカのインターネット利用料は日本と比べてもすこぶる高いです、今回の契約はネットのみ、中速度プランで70ドル/月、同じプランで日本だと2000〜3000円ぐらい、これはアメリカの文化として受け入れなきゃならんのか、、、

 

しかも年々値上がりするのだとか、しかも連絡無しで!さらに面白いのは文句を言うと「人によって」値段が据え置いたり、安くなったりするらしい、アメリカさん〜適当すぎんよ〜

 

会社の人はクソだと丁寧に説明してくれましたが、今のところ問題なく使えています、値上がりだけが今後の懸念点…

 

 

そんな感じで晴れて入居までこぎつけ、生活設営進めています、

 

家具買わなきゃ、IKEA行くかぁー

 

フトシ