世界、しゃちく発見

28歳、理系サラリーマン、心の阿鼻叫喚

アメリカ駐在1ヶ月の英語力

おつかれさまです。

 

生活設営に追われながらも、なんとか最初の1ヶ月を迎えました、肝心の英語力については、ほとんど変わっていません。

 

仕事は基本的に英語が多いですが、会社には日本人もそれなりにいるので、本当に英語漬けになってるわけでもなく、それなりに日本語も使っています。比率的に言うと50/50(あー多くないわ)、そりゃ1ヶ月程度で英語力も改善されません。

 

気持ち的に改善点を挙げるなら、最初の頃より英語に対するストレスが少し減ったかな、程度です。とりあえずこの1ヶ月で悟ったことは「駐在者は何もしなくても1年で英語がしゃべれるようになる」という迷信は、「テストで100点取る奴ほど何もしていないと言う」を言い換えただけの妄言だということ。

 

とはいえ毎日会社に行くと疲れるし、帰ると勉強とかしたくありません、ゲームはしたいです、そんな中で地道に始めたことはよく聞こえるフレーズ?イディオム?単語?をメモること、書き出してみると簡単なのですが発音がつながるとマジで分からん、

 

最近のものだと、

How's it going?(ハゼゴン):調子どう?

make sure(メコショオ):確認する

a couple of(カパラ):2〜3の

absolutely(アッソーゥリ):マジそれ!

などなど…

 

ストレートにGoole先生で「ハゼゴンって何?」って聞いても教えてくれません(ウソです、ハゼゴンは出てきました、恐るべし)、こういうタイミングに日本語が通じる人がいると「あーwww あれはHow's it goingねwww」って草生やされながら教えてもらうことができます、聞いたそのままを答え合わせできるので意外と効率良かったりします、

 

地味に100%英語漬け環境は返って学習速度を落としかねない可能性もあり、というジレンマも悟りました。

 

 

リスニングはこんな感じで無事死亡\(^o^)/ ですが、スピーキングもなかなかの死亡具合です、生活でも仕事でも「共通認識があれば」単語をならべるだけでだいたい伝わることが多いです、しかし共通認識のない部分はけっこう苦しい、

 

こういうときにすこぶる文法大事だな〜と白目むいてしみじみします、今日もビール好きのおっちゃんとの会話で、

わし「アメリカのほうが日本よりビール安いからええわ〜(ものによるけど)」

おっちゃん「マジで!絶対日本に行くぜ!!」

わし「!!??ちゃうで、日本が高いねんで!!」

おっちゃん「ファッ!!??絶対日本行かねえ!!」

 

おっちゃんは日本のビールが高いことを知らないわけです、後から思い返して英語にしてみると「American beer is cheaper than Japan」で簡単に書けるんですが、1ヶ月目のゴミ英語力だと会話の流れの中でとっさにぶつ切りの単語が口から出てきて誤解をまねきます、これは真逆の意味で伝わってしまうのでもしシリアスな場面だとけっこう恐ろしいです。

 

日本にいると、英語は文法なんて関係ないおじさんが「文法なんて関係ない」って言ってくることもしばしばありますが、1ヶ月たった今のところ関係あるとしか思えません、

 

おじさん「大事なのはハート、とにかく単語だけでもしゃべれば伝わるから」

 

まじ伝わりません、伝わるのは共通認識のある狭い範囲の中だけです。

 

 

あと英語からは離れますが、「ダイレクトなコミュ力」はけっこう大事です、思っていた以上に大事です、アメリカ人は基本的にみんなナイスガイです、職場で「Good morning!!」と話しかけると必ず笑顔で返事をしてくれます、逆に挨拶されて返事をしないことが続くと相手にされなくなってしまいます。

 

最近は日本でも減ってきたように思いますが、絶滅危惧種的に存在する昭和のおっさん上司が挨拶したり相談で話しかけたにもかかわらず無視する、絶対気づいてたのに無視する、なんてシチュエーションはありえません、そういう人はアメリカだと確実に排他されます、

 

「昭和のおっさんでも上司なのでイヤイヤ一緒に仕事をしています」、もありえません、イヤなら会社辞めます、けっこうテンポよく辞めます、この会社もまだ赴任1ヶ月ですが数人辞めています(もちろん新しい人も入ってきています)、会社を辞めることへのハードルが極端に低いです。

 

最後は昭和のおっさんへの愚痴みたいになりましたが、よく考えたらわたしも昭和生まれでしたww

 

まあとりあえず英語勉強しなきゃ、というモチベーションは灯火程度には芽生えてきました、また2ヶ月目に経過を書こうかな。

 

フトシ