世界、しゃちく発見

28歳、理系サラリーマン、心の阿鼻叫喚

アメリカの病院

おつかれさまです。

 

先日はじめてボストンで病院に行ってきました。若干風邪気味だったっていうのと、いざというときに右も左も分からない状態ではマズい、ということで半分練習みたいな感じ臨みました。

 

アメリカの病院は基本的にすべて予約制です。日本のように当日いきなり行って診てくれる、ということはなさそうです。(稀にあるのかもしれませんが)

 

予約は電話です、メールできないのかよと思うところもありましたが、病院によってはプライバシーのなんとかかんとかで電話でしか受け付けないところも多いそう。

 

インターネットで病院予約に使えるフレーズをひと通り調べます。

I’d like to make an appointment with Dr. 〜

What is the earliest date available?

などなど。。

 

調べたところでしゃべりだすと忘れるんですが。今回は日本語が通じる日本の先生を探してアポを取りました。しかし、先生が日本人なだけでスタッフはみんな英語、気が重くなりながらも電話してみます。

電話先の方は女の人で、おそらくボストンにいるけっこうな日本人が診察してもらってるんでしょう、こっちが英語得意じゃねぇと分かると、聞き取りやすいモードに切り替えてくれました。まぁ聞き取りやすいと言えども4割ぐらい抜け落としていたと思いますが。

 

聞かれた内容は、「予約日、名前、生年月日、症状、保険の番号」だったかな、最初予約日が2ヶ月先を提示され、「おおマジか、そんな先ならさすがに風邪も治るよな…」とか思いながら電話先でウーンと言ってると、「急だったら5日後のお昼に来れますが…」と切り返しが、

 

「いや風邪で2ヶ月待てないでしょ」と気の利いた英語ツッコミはできないですが、Thank you very muchとお願いすることに。

 

そして5日が経ち、診察の日になりました、正直風邪もすっかり治っていました。「何を診察してもらいに行くんだろう」と思いながらも言われた時間に病院へ出向きます。診察予約は1時からだったんですが、最初の記入用紙があるから12時半にヨロ、とのこと。

 

病院には駐車場がなくて?実はあったのかな?路駐です。アメリカは路駐文化で、しっかりお金も取られます。すぐそばに料金メーターがあり、これでお金(クレジット)を払います。

f:id:sutokun:20190311100859j:plain

 

基本的に前払い制で、3hで3ドルぐらいだたかな?あらかじめ駐車時間を決めて、もしその時間に戻れずにポリさんに見つかると駐禁がきられる、というシステムです。

 

病院についたら保険証を見せて、言われていた記入用紙に「名前、生年月日、症状、etc...」を記入して、呼ばれるのを待ちます、ここまでは日本と同じ。

 

「フトゥシ、カモーン」と呼ばれ、「(あぁやっと日本語しゃべれるンゴ)」と安堵しながらついていくと、そこにいたのはあきらかにアメリカ人、「(What happens!?)」とびっくりしながら話を聞いていると、どうも初診のときはスタッフによるメディカルチェックがあるらしい。

 

身長とか体重とか血圧とか…あと今回の風邪の症状とか、しかしこのメディカルチェックが不運でした、調べれば調べるほど「健康バレ」していきます。めっちゃ「you're very good」って言われました。そりゃ風邪ひいてたのも5日前だし。

 

その結果…、先生の診察は不要!と判断され、そのまま帰ることに。マジで!?そんなことあんのか。ただ、なんもせずに帰すのは悪いと思ったのか、「予防注射打ったるわ」とまさかの提案。さらに、「血ぃ抜いて免疫調べたるわ」とまさかの提案。

 

説明はけっこう丁寧で予防注射についていろいろ教えてもらいました(英語だったのでかなり不安ですが)。結局、風疹と百日咳の予防注射を打ってもらいました。前打ったのいつだったか忘れたし、ちょうどよかった…のか?そして血を抜かれ。

 

そして、こっちの注射けっこう太い、まぁまぁ痛かった。注射の跡はしばらくの間ズキズキしてました。特に採血の跡は2日ぐらい青〜くなってて不安でした。

 

 

ひと通り終わったところで受付に戻り、「免疫検査の結果はいつ出るの?」ときいたら、「結果が出てき次第電話で伝えるわ」とのこと、絶対聞き取れないやつゥ。

 

今回発生した費用はすべて保険会社から支払われます。アメリカは国民保険というものがないらしく、みんな何かしらの民間保険に入っているそうです。日本だと費用の7割を国が負担してくれるのかな。

 

わたしは会社全体で入っている民間の健康保険にそのまま乗っかって、今回診察を受けたという状況です。

 

 

かくして、アメリカのはじめての病院は日本人の先生に会えず、針を刺されて終わるという結末でした。まぁ、病院までの道筋や予約のノリとか分かったのでGoodかな。

 

フトシ